HOME > 建築写真作品 > 作品事例集31-40


 
アメリカでユニバーサルデザインを研究し帰国後デザインオフィスを開設した建築家伴尚憲氏の作品。大胆で他を圧倒するエレベーションは通常の視界からは捕えがたい作品である。2世帯住宅をユニバーサルデザインの観点からプランニングされデザインと機能を融合した非常に印象的な住宅となっている。

 


 
雑誌でも多数紹介され東京を拠点に活躍する井東力氏の作品、祖師谷の家。限られた敷地を最大限に活かす為、階段と中庭を間取りの中心に配し非常に効率的な間取りとなっている 。細部のディレールも非常に拘りデザインされているのが印象的であった。

 


 
「少子化の中、競争激化の学習塾業過において学ぶ空間からデザインされた美と知を追求した作品。設計施工は全国で店舗デザインを展開するセントラルデザインが行い、今後全国にも同様のコンセプト全国展開を視野に入れている。

 


 
琵琶湖の湖畔に佇む長谷川建築事務所による設計作品。高級感と開放感を併せ持ち、来た者を視界から引き込ませる。

 


 
建築家五藤久佳氏による年代を超え幅広い層にも対応したコンセプト住宅。住む人の為のデザインを具現化したこの作品は素材感を利用した秀逸なデザインが特徴的

 


 
愛知県を中心に活躍する新進の建築家間宮晨一千氏による作品、間宮氏による独特のインテリア空間は優しさと自然が随所に感じられる仕上がりとなり、ファザードの大胆なオーバーハングは室内において想像以上に開放感を与える空間の妙を演出している。

 


 
群馬県の家住建築設計による平屋建て住宅作品は玄関を間取りの中央に配し、各室への同線を効率良くプランにんされている 。中庭とテラスに挟まれたリビングは風通しも良く居心地の良い空間が印象的である。


 
フォームゼロによる設計作品はシンプルな外観こそ特徴的であるが内部の吹き抜けとテラスの配しが特徴的で中に居ながらして外を感じ外に居ながらにして中を感じる大胆なプランニングがこの作品の最たる主張と思える。

 


 
シンプルモダンを基調に高級感あふれる住宅作品。設計はアトリエ創代表の建築家宮坂英治氏。閉鎖的な外部からは想像できない内部は中庭を設け吹き抜けと併せて広々とした大空間である。センターキッチンの背後にはガラス戸棚で更に高級感を醸し出している。


 
平面からは全く想像もつかない四方にテラスを設けた斬新なモダンデザイン住宅。設計は若手の建築家鈴木克哉氏によるもの。海に面したこの作品は全てが理にかなうプランニングから創造され、来た者に安らぎと興奮の両面を提供している。

撮影のご相談はフリーダイヤルへお気軽にご連絡下さい。
フリーダイヤル0120-109-949フリーダイヤル0120-109-949