プロモーションに対する意識の高い建築業界の方へメッセージ

 

建築写真

フリーダムアーキテクツデザイン株式会社

この度は私、「建築写真家、田岡信樹」に興味を持って頂きありがとうございます。さて、当ページは皆様方への私からのメッセージとしてご覧下さい。長文ですが是非、ご一読頂けら幸いです。私、以前は皆様と同じように建築業界に従事しておりました。若かりし頃は、建築家に憧れ、大学も建築学を専攻し、卒業後も日々、建築デザインや設計に明け暮れる日々を過ごした事もありました。
 
 
社会人経験の中では現場監督も経験しました。私が現場監督を務め、実在する建築物がこの世に存在するのが不思議な感じがします。私が建築写真家になったのは実は写真が好きとかカメラが好きとかという理由ではありません。フォトグラファーや写真家と言えば、広告業界の職業と思われがちですが、私自身は建築写真家として、今でも建築業界の一人と考えています。私には建築デザインの才能は正直、持ち合わせていなかったと自覚しています。
 
 

三井ホーム様住宅展示場イベントにて

しかし、私は常々感じている事があります。世の中にはもっともっと話題になったら良いと思える優れた建築作品やもっともっと色んな人に知って貰いたい建築会社や建築設計士がたくさんこの世には存在するという事です。それら、未だ埋もれてしまっている優れた建築作品をどうしたらもっと世に広められるのか?そして、それら個性のある建築アイデンティティをどう増やしていくのか・・・。

わゆる、プロデュースの世界です。 
 
そんな優れた建築作品を世の中に増やしたいが為に、私は建築写真家の道を選択しました。現在の建築学の中で様々な技術やプレゼンテーション力は日々向上していると思われますが、唯一、建築プロデュースについては資金力のある大手のブランド力に偏る傾向にあり、誰も教授してくれません。故に個々の本来持つ優れたオリジナルな建築アイデンティティをプロデュースする事は容易ではありません。
 
 
それゆえ、建築業界に携わる皆様の並々ならぬ普段からのご苦労や大変さは理解しております。特に私が実感しているのは、建築作品を世に産みだす際の産みの苦しみであります。その産みの苦しみに少しでもお役に立てるよう建築プロデュースの一環として私の手がける建築写真は存在していると自負しております。建築写真を撮影するだけなら、正直、私以外に他にも優れた建築写真家の方はいらっしゃると思います。しかし、建築写真を撮影しその後、どう、その建築作品を広めていくのかも私の中ではお手伝いする重要な役割であると認識しています。
日本建築プロデュース協会
建築写真家になり、当建築写真家サイトは自らの手でSEO対策等を施してまいりました。その結果、今では各検索エンジンでは「建築写真」「竣工写真」「建築写真家」等のキーワードでは常に全国上位を表示されたり、Facebookページにおいては日本人写真家の全国1位のポジションをキープしています。これはプロモーショナルマーケティング力のほんの一例です。他にも自らの実績と経験を活かし皆様の建築作品を世に広めるセルフブランディングのご支援を撮影をするだけでなくしていきます。

 
また、私の運営する一般社団法人日本建築プロデュース協会では撮影した建築写真を使い各種プロモーションやプロデュースの支援をはじめ業界初の建築スーパーバイザー資格講座を開設し、広く住宅建築業界のご支援ができる体制を整えております。今では導入事例も年々増え続け大変なご好評を頂いております。皆様の素晴らしき建築作品を一つでも多く世に増やす為に今後も建築写真家としてできる建築プロデュース支援に努めていく所存であります。
どうぞ、今後とも末永くお付き合いくださいますよう、宜しくお願い申し上げます。
 

建築写真家 田岡信樹

撮影のご相談はフリーダイヤルへお気軽にご連絡下さい。
携帯の方は番号をクリック。